トラックオフはウイング車輛を高値で買い取ります トラックと重機の買取屋は神戸での取引量日本一を目指します

トラックと重機の買取屋 神戸での取引量日本一を目指す 買取・販売だけでなく、その後も長いお付き合いがしたい 本社電話番号0800-808-0505

トラックオフはウイング車輛を高値で買い取ります

ウィング仕様トラック 日本フルハーフ ウィングセミトレーラー 日本トレクス ウィング仕様トラック 三菱FUSO
写真の車体メーカー

ウイングとは?

ウィング車とは、トラックの荷室の側壁をはね上げ、側面を大きく開放することでフォークリフトによる荷役作業を容易に行えるようにした特装車のことをいいます。鳥が翼を高く挙げている状態に似ていることから、こう呼ばれるようになりました。
装置の開閉は、油圧式や電動式のものが主流であり、パレット積載物の積み降ろしが容易なほか、雨天時でも比較的積載がし易いことなどがメリットとして挙げられます。

ウイング車輛の特徴

大きな特徴は扉の開閉の仕方にあります。
箱型の荷台の側面が開きその姿が鳥の翼を広げたようなイメージになるためウイング車と呼ばれています。
他にもガルウイング車、側面開閉車と呼ばれたりもします。
ほとんどウイング車の箱型の荷台がアルミ製で造られているため、アルミウイング車とも言われます。扉が閉まっている状態では見た目がアルミバンと変わりません。
ウィング車の荷台は箱形のアルミ製なので、雨や雪により水漏れする心配がなく、食料品や日用雑貨、建築材料など幅広い種類の荷物を運ぶことができます。
ただし、荷台に雪が積もっている状態で開閉するとモーターに負担がかかってしまうので、除雪は欠かせません。
また、エアサスペンションが付いているタイプなら車体の安定性が高いので、精密機械を運ぶことも可能です。
荷物は、ラッシングベルトと呼ばれる固定器具を、荷台側面に埋め込まれたラッシングレールに装着することで固定します。


床面にロープを固定するためのフックが付いているタイプもあります。
さらに、荷台が側面から大きく開き、天井を除けばどこからでも荷物の積み下ろしができるというウィング車の特徴を活かせば、フォークリフトを使った積み下ろしも簡単です。
デメリットは天井部の高さが低いところではウィング部の開閉が出来ないことです。


運転の際の注意

箱車に似ていますが、ウィングの留め具が普通3~5箇所なため、急激なカーブなどを、適切な速度以上で曲がると、留め具と留め具の間に負荷がかかり隙間が出来てしまい、積んでいる荷物によっては落下することもあるのでスピードの出しすぎに注意しましょう。
降雪時など、屋根に雪が積もった状態で、ウィングの開閉をすると、モーター、油圧などの装置に負担が掛かり傷めることがあります。


トラックオフは兵庫県神戸市を中心とした、日本全国対応のトラックと重機の買取屋です。トラックの売却なら神戸に実績のある弊社へ。トラックオフは兵庫県神戸市を中心とした、日本全国対応のトラックと重機の買取屋です。トラックの売却なら神戸に実績のある弊社へ。日本全国どこへでも無料でお伺いします。まずはお電話ください。0800-808-0505